マイナンバー制度とは

マイナンバー制度とは

昨年10月から年末にかけて、「自宅に届いたよ!」という声が聞こえ始めた、マイナンバーカード。
制度導入に際してよく耳にするようになった「マイナンバー」とはどのような制度なのでしょうか。

 

実はマイナンバーカードとは通称で、制度の正式名称は「個人番号カード」といいます。
平成28年1月から、行政手続きをするときにはこの「マイナンバーカード」が必要となりました。まだ全ての手続きで必要というわけではなく、一部導入のようです。
いわゆる「マイナンバー法」により規定され、国民ひとりひとりに12桁の個人番号が割られました。その番号によって社会保障や税の手続きをスムーズに管理しようと作られたのが、マイナンバー制度です。
マイナンバー制度は、「公平・公正な社会の基盤」のプラットフォームとなることを目的としています。これまで、国・都道府県・市町村などの行政機関では、複数の組織に所属する個人の情報を確認することに時間とコストを割いてきました。異なる機関や組織に存在する情報が同一人物のものか、それをスムーズに確認し、作業の手間やコストダウンの他、行政サービスが一部の個人重複することを避ける目的で導入されたのが、マイナンバー制度です。

 

特に「社会保障」「税」「災害対策」の3分野において、マイナンバー制度の活躍が期待されています。行政機関などが情報を相互連携・活用し、「公正・公平な社会の実現、国民の利便性向上、及び行政の効率化を図ること」が期待されています。「公正・公平な社会の実現、国民の利便性向上、及び行政の効率化を図ること」とは具体的に何を指すのでしょうか?内閣府の政府公報オンラインによると、「公平で正確な税負担」「社会保障給付の適正な給付」を指すようです。マイナンバー制度の導入により、所得についての過少申告や、税の不正還付等を防止・是正し、年金の加算などにおいて給付過誤または給付漏れ、二重給付などを防止できるようになります。一部の人が社会保障サービスを不正に享受したり、納税義務を逃れることを防ごうとしています。

 

また、平成29年1月から情報提供等記録開示システムが設置され、これにより、インターネット上で自分の個人情報が提供された履歴等を確認できるようになり、行政機関などからひとりひとりに合った行政サービスが提供され、確認できるようになるようです。これにより、場所に縛られない「個人情報の提供状況の公開」と「添付書類の削減」が達成されます。納税証明書など、行政機関は発行書類の省略ができ、利用者は行政機関を証明書を入手する度に訪問する手間・金銭的時間的コストを少なくすることができます。

 

「持ち歩くカードが増えちゃったな..」なんて思ってしまいがちなマイナンバー制度ですが、私たちの生活をより快適なものにするために作られた制度です。導入期の現在は、慣れないことが多く面倒に感じますが、ゆくゆくは私たちを助けてくれる制度です。正しい知識を持ち、活用できるようになりましょう。