マイナンバー制度のデメリット

マイナンバー制度のデメリット

2016年1月から開始されるマイナンバー制度。個人情報をマイナンバーによって管理する事ができ、行政の手続きなども簡略化させる事が出来る事から、注目を浴びている制度になっています。

 

しかし、私たちの個人情報がマイナンバーによって管理されると言う事は、便利になるだけではなく、危険性も潜んでいる事を忘れてはいけません。

 

例えば、大切な個人情報の漏えいです。様々な企業などで個人情報の漏えい問題が起こっている中、マイナンバー制度での漏えいは大丈夫なのかと言う事です。今回のマイナンバー制度により、自宅のパソコンから自分の年金などの情報を確認する事ができると言われています。と言う事は、一歩間違えば、他に人が自分の情報を見る事ができると言う事なのです。ハッキングなどの不正アクセスが懸念されているのです。

 

また、自分のマイナンバーで、なりすまし被害にあう事も考えられ、身分証明書代わりに使ったマイナンバー制度のカードが悪用される事も考えられるのです。

 

このように、マイナンバー制度は正しく利用すれば、非常に便利な制度になっていますが、悪用する人がいる以上、一歩間違えば、大変危険な制度と言う事が言えるのです。

 

これらに関しては、国がしっかりと対策を行った上で、開始を始めるようですが・・・。