マイナンバー管理ソフト 比較

マイナンバー管理ソフト 比較

マイナンバー関連サービスの比較は難しい!2016年1月からマイナンバー制度が始まり、それに当たってマイナンバー関連サービスを導入する企業は多いと思いますが、どれを選んだら良いか分からないといった声が多いです。

 

なぜならば、

 

そもそもマイナンバー制度の理解が甘い

マイナンバー制度自体が不確定な要素が多い

どんな機能が必要なのか分からない

妥当な価格帯が不明

マイナンバーの知識を学ぶ時間がない

そもそもマイナンバーに反対で腰が重い

後回しにしてきたツケが回った

 

といったことをよく聞きます。

 

そこで、当サイトでは、マイナンバー管理に関するソフトやシステムなどのサービスを具体的なサービスごとに比較していますので、参考にしてみてください。

 

しかしながら、こういったシステム関連の料金については、オープンになっていないことも多く、あくまで参考程度の価格と認識してください。従業員数や他の会計ソフト等と併せて依頼することなどで料金が大幅に下がることも珍しくありません。

 

逆に、従業員数がそこまで多くない場合には、価格が高くなることもあり得ますので、あらかじめご承知おきください。

 

マイナンバー管理に関するシステムやソフトのサービス一覧

 

マイナンバー管理freee

MFクラウドマイナンバー

OMSS+マイナンバー収集・保管サービス

大臣マイナンバー収集。保管サービス

らくらくマイナンバー対応システム

セコムマイナンバーお預かりパック

MJSマイナンバー

弥生

 

 

マイナンバー管理ソフトを選ぶ上での注意点

 

マイナンバー法では、マイナンバーの管理を委託した場合、委託された側・した側の両方に責任があります。委託された側、つまり受託事業者は、適正な管理の責任がありますし、委託した側はその監督責任があります。

 

しかし場合によっては、マイナンバー管理ソフトは、委託に当たらない可能性もあるようです。

 

つまり、すべて委託した自社の責任ということになるということです!

 

どういうことかと言いますと、クラウドサービスの場合には、サービス提供側はあくまでサービスを提供するだけでマイナンバーの管理を委託されているわけではないという見解があります。

 

これは、マイナンバーに関する委員会、「特定個人情報保護委員会」という組織がその認識を示しています。ですので、サービスを利用する場合には、契約書の内容などを契約前にきちんと確認した方が良いです。

 

マイナンバー管理システムの比較

 

上記サイトにて詳細が見れます。